本文へスキップ

ガバナーメッセージ

ガバナー 青木 貞雄  地区行動指針「伝統と未来 ~誇りと連帯感~」
 2018年11月


国際ロータリー第2790地区
2018-19年度 ガバナー 橋岡久太郎(佐倉中央RC)

ポリオ撲滅へのカウントダウン

 10月27~28日に行いました地区大会には多くの皆樣にご参加頂き、ありがとうございました。約2,000名のロータリアンとロータリーファミリーの方々と集う2日間は見事にして素晴らしいものでした。
 さて、今月は「ロータリー財団月間」です。ロータリー財団の歴史は1917年のアトランタ年次大会の会場で、当時のアーチ・C・クランフ会長が「世界でよいことをするための基金を作るのが、極めて適切だと思われます」と提案したことから始まります。基金への初めての寄付はカンザスシティロータリークラブからの26.5ドルでした。約10年後の1928年には「ロータリー財団」と正式に命名され、100年の間に教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトにこれまでに約30億ドルの資金を提供してきました。資金の90%以上が奉仕プロジェクトに直接活かされており、チャリティナビゲーターによって慈善団体への最高評価である4つ星を与えられております。
 このような素晴らしいロータリー財団の活動の中で、私が今年度特に皆樣方にお願い申し上げたいのは「ポリオプラス・プログラム」へのお力添えです。
 1985年にポリオプラス・プログラムを開始した当時は、全世界で毎年125ヶ国35万件以上の発症が確認されていましたが、この33年間で世界中のロータリアンとメリンダ・ゲイツ財団等のポリオプラス・パートナー団体からの寄付金約18億ドルで、25億人以上の子供に予防接種を行ってまいりました。その効果でポリオの症例は99.9%以上減少し、1988年に35万件だった症例数は、今年の9月には何と17件になりました。
 2018年1月のサンディエゴでの国際協議会の時に、担当責任者から今年度には「ポリオ発症0宣言」が出せるかもしれないとの報告がありました。発症0が3年継続すると「撲滅宣言」になります。本当にあと1歩の所まで来ているのです。公衆衛生の投資の中でも、「予防接種」の費用効果は非常に大きいのです。世界からポリオがなくなれば、医療費が2035年までに最高で500億ドル削減されるという費用効果があります。そして何より体の自由を奪うこの病気によって子どもがマヒに侵されることは二度とありません。
 ポリオ撲滅のために出来ることはたくさんあります。まずは、「ポリオプラス」への寄付。そして、「ロータリーカード」の活用。ロータリーカードはご利用金額の0.3%がカード会社よりロータリー財団に送金されポリオ撲滅に役立てられます。そして貯まったポイントは財団に寄付も出来るのです。一番大切なのはポリオの現状について知り、皆で情報を共有し、発信していくことです。
 それが、共感を得てますます大きな力になっていくと思います。
 お一人ひとりが行動し、歴史的な瞬間を心一つにして迎えようではありませんか。
2018年10月
 地区行動指針「伝統と未来 ~誇りと連帯感~」
 2018年10月


国際ロータリー第2790地区
2018-19年度 ガバナー 橋岡久太郎(佐倉中央RC)

おかげさまにて3ヶ月

 記録的な猛暑もやっと落ち着き、ようやく過ごしやすくなって参りました。
 今年度も3ヶ月が過ぎました。8月1日から始まった公式訪問で83クラブを順に訪問させて頂いておりますが、クラブの皆樣方と触れ合い、各々のクラブの個性あふれる奉仕親睦活動の状況を伺う貴重な時間に感謝申し上げます。
 今月は、「経済と地域社会の発展月間/米山月間」です。経済と地域社会の発展については良き機会に私見を述べさせて頂くとして、今月は日本独自の米山奨学事業について考えてみます。時折「裕福なアジアの子弟を支援するよりも日本の学生を支援したほうが良いのではないか」「奨学生の国籍が偏っている」というような声を耳にしますが、今一度米山奨学事業が発足した経緯と目的を振り返っていただきたいと思います。米山記念事業は1952年に東京ロータリークラブが「今後、日本の生きる道は平和しかない。それをアジアに、そして世界に理解してもらうためには、一人でも多くの留学生を迎え入れ、平和を求める日本人と出会い、信頼関係を築くこと。それこそが、日本のロータリーに最もふさわしい国際奉仕事業ではないか」との思いで、ロータリー創設に貢献した米山梅吉氏の功績を記念して米山奨学制度を発足しました。5年後には国内全クラブの合同事業として「ロータリー米山記念奨学委員会」が結成され、全国組織となりました。米山奨学金制度と他の奨学金制度の大きな違いは、米山奨学金制度は単なる経済支援ではなく、将来母国と日本の懸け橋となる若き優秀な人材を支援するという民間による平和外交の意味合いが強いのです。米山奨学生は世話クラブとカウンセラーにご協力頂き、月1回の例会出席などを通じて交流し、国際交流だけではなくロータリー精神も学ぶ機会になります。奨学生にとってもカウンセラーという心強い後ろ盾がおり、異国での生活でも不安なく過ごすことができます。
 本年度も約800名の奨学生が日本で学んでいます。当地区は27名の奨学生を受け入れております。彼らを支えるのが皆樣のご寄付です。今年度、米山記念奨学会への寄付目標をお一人15,000円とさせて頂きました。未来の国際親善を担う優秀な若者を育てるという主旨をご理解いただき、皆樣の更なるお力添えをお願い申し上げます。
 最後になりましたが、10月27日(土)~28日(日)に地区大会を開催いたします。
 地区内のロータリアンが一同に会し親睦を深め、学ぶ貴重な機会です。皆樣方のご参加をお願い申し上げます。地区大会第2日目(28日)は、米山梅吉翁と親交のあった阿部志郎先生にご講演頂くことになっております。米山梅吉翁のご近所に住み、米山翁に憧れた少年は現在、社会福祉の第一人者でいらっしゃいます。米山記念奨学委員会の冨一美委員長のお計らいに感謝申し上げます。
2018年09月
 地区行動指針「伝統と未来 ~誇りと連帯感~」
 2018年9月


国際ロータリー第2790地区
2018-19年度 ガバナー 橋岡久太郎(佐倉中央RC)

基本的教育と識字率向上月間によせて

 世界で初等教育学齢期の子ども11人にひとりが学校に通えない一方、青年期の子どもの場合は5人にひとりが通えず、世界中で読み書きのできない15歳以上の人の数は、7億7500万人。これは、全世界の成人の17%にあたります。学校に通っていない子どもは世界に6700万人。特に女性の非識字率は顕著で世界の非識字率人口の64%を占めていると言われています。世界183ケ国の中で識字率99%以上の国は日本も含め46ケ国ある一方で、70%に満たない国が35ケ国、30%にも満たない国はエチオピア、マリ、スーダンなど5ケ国あります。
 基本的教育と識字率向上は、皆樣方がご存知のように、ロータリーの6つの重点項目の1つに挙げられています。私はこの重点項目の中でも特に「基本的教育と識字率向上」が重要だと思っております。その理由は、彼らに基本的教育を提供し、識字率を上げれば他の樣々な問題を解決する糧になると考えるからです。全ての女性が初等教育を修了すれば、妊婦の死亡率は66%減少する。読み書きのできる母親を持つ子どもは読み書きのできない母親の子と比べて、5歳以上まで生き延びる確率が50%高い。低所得国で全生徒が読み書きを習得した場合1億7,100万人(全世界の貧困の12%に相当)が貧困から抜け出すことができる。このようなデータがあります。つまり、識字率を上げることで、貧困を減らし健康状態を改善し、地域社会の発展につなげることができるのです。
 我々の地区でも幾つかのクラブがロータリー財団の補助金プロジェクトを使って識字率向上のための活動をしていますが、学校があまりに遠くて通えない発展途上国の子どもたちに日本のリサイクル自転車を送る活動も識字率向上の取り組みの一つです。
 今回は、識字率向上のための活動をしている2つのクラブの取り組みを紹介します。
 また、MyRotary(マイロータリー)には世界のロータリアンの基本的教育・識字率向上プログラムの素晴らしい成果が掲載されています。それらを参考にして頂き、ぜひ皆樣のクラブでも、地区補助金やグローバル補助金を利用したプログラムを実践して頂きたいと思います。
2018年08月
 地区行動指針「伝統と未来 ~誇りと連帯感~」
 2018年8月


国際ロータリー第2790地区
2018-19年度 ガバナー 橋岡久太郎(佐倉中央RC)

会員増強月間によせて

 能の源流をたどると、遠く奈良時代までさかのぼります。中国大陸から伝来した「散楽」と日本の芸能が融合したものが原型といわれています。その後、時の有力者たちに庇護され少しずつ形を変え桃山時代には舞台の樣式も確立され、能面の型もほぼ決まるなど、現在に続く能の形式が整いました。
 そして2008年にはユネスコ「人類の世界無形文化遺産」第一号に認定され、700年以上も続いてきた舞台芸術としての価値が国際的に認められるにいたっております。私は尊敬する先達の師の思いを受継ぎつつ、海外公演を積極的に行うなどして能の更なる発展を目指している中、1月14日の国際協議会に於いて発表された国際ロータリービジョン声明を聴き、まさに「伝統と未来」であると感じました。
 バリー・ラシン会長は、「ロータリーの会員数は、この20年間ずっと120万人程度で低迷しています。成長しておらず、会員の高齢化が進んでいます。活動を通じて変化をもたらすための知識や意欲をもたないクラブが、あまりに多すぎます。ロータリーが世界でどんな活動をしているのかを知らず、ロータリーと財団のプログラムを知らないクラブ、参加方法がわからないクラブもあります。ロータリーは会員制組織です。ですから、奉仕活動を通じてより良い世界を築きたいと願うなら、会員を大切にしなければなりません。」と、述べられました。
 私たちはこの言葉を真摯に受け止めなければなりません。今こそ「ロータリークラブとは」「ロータリアンとは」の世間一般からの問い掛けに一人一人が明確に自分の考えで答えられる様に、改めてロータリーの素晴らしさを再考する時だと考えます。日本のロータリーが100年近い歴史の中でロータリー創世以来の理念を忠実に守り実践してきた良き伝統を誇りに思い、胸を張って継続して行くべきだと考えます。伝統に加えて新しい風を吹き込むべく、特に女性会員と30歳代の若い会員の参加を推進しましょう。活気あるクラブづくりのためにフェローシップ・親睦活動委員会と協力して地区内の会員相互の交流と親睦を推進し、既に活動活躍中の野球・二輪の会・女性・婦人サークル等を支援助成して参ります。未だ参加した事が無い方も、ぜひ今年度は参加して「誇りと連帯感」で、ロータリーの仲間を増やしましょう。
 広報・公共イメージ向上委員会には、ロータリーの素晴らしい活動を積極的に内外に周知して頂きたいと思います。ロータリー研修委員会は、ロータリーの奉仕(サービス)とは何かを再考し、グループの情報研修会をガバナー、ガバナー補佐と協議して研修リーダー、サブリーダーと共に開催し協力して頂きます。RLI推進委員会は、RLI方式によるロータリーの情報提供及び考査を広く会員に紹介し参加を促して頂きます。
 地区ロータリアンの皆樣が手を取り合い、自分自身の中で、地域社会で、そして世界で、良い変化を生むために、誇りを持って行動していくことが、バリー・ラシン会長のロータリービジョンに対する答えとなり、自ずと活気あるクラブ活動、会員増強へと導いてくれると思います。
2018年07月
 地区行動指針「伝統と未来 ~誇りと連帯感~」
 2018年7月


国際ロータリー第2790地区
2018-19年度 ガバナー 橋岡久太郎(佐倉中央RC)

 「おまーく」この掛け声で五色の揚幕が上がり能のシテ(主役)は舞台に出て行きます。
 いよいよ2018-19年度の幕が上がりました。クラブの会長、幹事、委員長をはじめ、会員の皆樣におかれましては、新しい年度へ向けて練り上げた台本を手に、まさに檜舞台への一歩を踏み出された事と思います。
 2018年1月14日、RI国際協議会の初日に行われたバリー・ラシン会長は講演の中で、本年度テーマ「BE THE INSPIRATION」日本語訳では 「インスピレーションになろう」を掲げられました。併せて、低迷する会員数と高齢化を危惧し、それぞれのクラブ、ロータリアンがインスピレーションを働かせてロータリーに変化をもたらす発想の転換を行い、新発想のもとにロータリーを活性化させることが重要だとしてRIビジョン声明「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。」を発表されました。
 バリー・ラシン会長のテーマとRIビジョン声明を踏まえて、私は今年度の地区テーマを「伝統と未来」~誇りと連帯感~としました。伝統とは、前年度会長イアン・ライズリー氏が言われた100余年におよぶロータリーの歴史と「4つのテスト」であり、他団体との明確なる違いです。未来とは、間もなく訪れる「レガシー・ポリオゼロ」宣言です。
 誇りとは、ロータリーは世界中の人生に前向きな素晴らしい人々が集う団体である事を感じる事、連帯感とは、地域、世界で貢献している会員たちが信頼の絆で友情を育んでいる事です。
 世界のロータリーは、激動変革の時代を迎えています。日本のロータリーもその流れから外れる事は許されません。しかし、日本のロータリーが100年近い歴史の中でロータリー創世以来の理念を忠実に守り実践してきた良き伝統を誇りに思い、胸を張って継続していくべきだと考えます。伝統とは、継続してきた旨を理解し守るものですが、同時に立ち止まってはいけないものでもあります。
 前年度ガバナー寺嶋哲生氏の示された「理念と実践」を継続しつつ、バリー・ラシン会長の示された「インスピレーションになろう」を地域で、地区で、世界で、それぞれの感動・心を打つ、魂を揺さぶる新たなる人道的サービスに取り組みます。
 その為に、国際ロータリーの指針や活動を解りやすく地区の皆様に伝え、ロータリー財団(特にポリオ撲滅)・ロータリー米山記念奨学会への更なるご理解とご協力を賜るべく努力します。また、委員会の合理化とスリム化を進め分かりやすい地区組織を構成します。地区戦略委員会からの提言を受け、中長期の持続可能な地区奉仕活動を推進します。ロータリーの素晴らしい活動内容と偉大なる功績を会員に周知して参加の喜びを実感して頂く事で会員増強に努めます。
 伝統ある国際ロータリー第2790地区ガバナーの任は重責ですが、皆樣方のお力添えを頂戴して地区内全てのロータリアンの皆樣の為に一生懸命に務める所存でございますので、ご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。
 「おまーく」の掛け声を掛けるのは、皆樣です。

ガバナーの詳細メニュー

2018-19年度
国際ロータリー第2790地区
ガバナー事務所

〒260-0042
千葉市中央区椿森3-1-1-302

TEL 043-284-2790
FAX 043-256-0008

Email:18-19gov@rid2790.jp

地図